ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

新竜王

PACがようやく終わったところですが,今日はPACのことではなくて将棋の話題です。

タイトルにあるように,糸谷(いとだに)七段が森内竜王を4-1で破って新竜王になりました。将棋観戦が趣味なのですが,このブログを見てる人が将棋に興味を持ってるというわけではないので,普段はあまり話題にすることありませんが,今回は私たちの研究室が世界に誇る秘書の人に勧められた(?)ので,話題にしてみました。

というのは,糸谷新竜王は大阪大学の学生なのです。大学生をやりつつプロの棋士というのはそれだけでも相当珍しいのですが,学部から阪大でさらに大学院にまで進学しています。ちなみに文学研究科の哲学専攻。阪大に入ったときから,その強さと,国立大学の学生ということで注目していましたが,ここ数年強いながら周りが期待する活躍には至っていませんでした。十分強いのですが,タイトルを取ってもいいと多くの人が期待していたので,その期待ほどの活躍には至っていなかったということです。

ところが,今期の竜王戦でタイトル初挑戦。初挑戦だけでなく,18世永世名人資格保持者の森内竜王を破るという快挙を達成しました。阪大は旧帝大でありながらノーベル賞受賞者を輩出してないなど,今ひとつパッとしない大学という印象があったのですが,将棋ファンにとってはノーベル賞受賞者が出たくらいの嬉しさです。何にしても明るい話題が飛び出してよかったです。

趣味 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<J-PARC施設見学 | HOME | 明日からJ-PARC PAC>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |