ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

論文賞二冠

CERNに常駐してヒッグス解析を進めているポスドクのYくんは,解析を頑張っているだけでなく,現地にいる学生の面倒をみてくれたり,大人の私が知っておきたいけど実験現場にいないのでわからない,そういう貴重な情報を教えてくれたり,と,期待に違わぬ大活躍をしてくれています。昨日も,学生のIくんの解析方針に関わる重要な情報を教えてもらい,九死に一生を得ました。って,そこまで大袈裟ではありませんが,私の中では本当に助かりました。

そんなYくんは,実は栄えある二冠王です。このブログで記事にしていませんでしたが,博士論文で今年度の高エネルギー物理学奨励賞を取りました。春の学会ではそれに関連した招待講演があります。ATLAS大阪関係者では,昨年度のHくんに次ぐ快挙です。本当にめでたい。

しかも,Yくんは修士論文で測定器開発修士論文賞(名前間違っているかもしれません)も受賞しています。数年前からKEKのMくんの提案で始まった修士論文賞の第1回の受賞者なのです。修論と博士論文,その両方で賞を取っているという人はあまりいないのではないでしょうか。というか,修士論文賞の歴史が浅いのでそういう機会に恵まれている人がまだ少ないということはありますが,それにしても,二冠王というのは見事です。

加えて,私にもちゃんと意見を言ってくれますし,酒も大好きですし,これからの成長が非常に楽しみです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<来週また研究会 | HOME | 様々な研究>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |