ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

FPGA講習会終了

大阪でのU教祖様の布教活動が終わりました。講習会全部を通して参加することはできませんでしたが,それでも,Uさんの話は興味深いですし,FPGAの人気が高まってるのがよくわかりました。私もISEさえあんなに複雑でなければ,色々遊んでみたいところです。と,去年講習を全部受けた後に思ったのと同じ感想を今回も持ちました。2回目だったせいか,去年よりも内容の理解度は深い気がするのですが,いかんせん,あのISEを使いこなせるようになるとは思えません。タイピングをひたする続けるとブラインドタッチができるように,意識しないでも手が動くくらい反復訓練しないとならないのでしょうね。しかし,もしそこまでやったとしても,学生ほど速く習得できるとは私には思えません。学生の学習速度の速さはやはりたいしたものです。

何人かの例外を除き,参加した人たちの反応も概ね良く,今回の布教活動も成功だったのではないでしょうか。特に,すぐに具体的に作りたい電子回路がある人たちは非常に熱心でした。FPGAやってみたいけどとっつきにくかった,でも今回の講習会で最初を踏み出すことができた,と語っていた人の言葉に代表されるように,最初のハードルがなかなか高い(けれでもFPGAをやりたいという需要は多い)ので,今回のような講習会を受けてみたい人,学生に受けさせたい教員は多いのでしょうね。来月は九州大で同様の講習会がありますし,来年度もまた全国各地で講習会があるのではないかと思います。興味がある方は「Openit」とぐぐってみると,様々な情報を集められるのではないかと思います。

しかし,今週は怒濤の一週間でした。先々週は中国,先週はCERNと出張続きだったのに,今週は息をつく暇なくびっちりと授業に公開講座,そして講習会と続きました。来週は少しはゆっくりしたいところです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<様々な研究 | HOME | 公開講座無事終了>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |