ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

公開講座無事終了

昨日の公開講座はなんとかつつがなく終えることができました。参加してくださった方々にお礼申し上げます。

忘れ物をしないように注意うんぬんと昨日の朝書いていましたが,昼飯を満足に食べる時間もないくらい,授業の準備に抜けが生じてしまうくらいやるべきことが詰まってしまったため,あらかじめ準備なんてできなくて,結局,忘れ物をしてしまいました。講演会に行くときは必ずバックアップを複数のメディアで持って行くのですが,それを忘れてしまったのです。。。こういうことは滅多になくて,というか初めてだったので,いやーな感じがしていたのですが,何も問題なくスライドを見せることができてよかったです。

もう一つの心配事だった時間配分は,まあまあに割り振ることができ,途中に何度か質疑応答の時間を埋め込みましたが,だいたい思った通りの進行をすることができました。ただし,話を聞きに来てくださった方々の興味の中心を若干見誤っていたようで,ヒッグスの話をおもいっきりメインにしていたのですが,素粒子物理学のイントロダクションをもう少し長く丁寧にやったほうがよかったかもしれませんでした。特に,配布した資料は,素粒子物理学一般のイントロダクションだったらどこにでも転がっているからと思い,ヒッグス関連の話ばかり書いていたのですが,少しはイントロダクションを入れておいたほうがよかったみたいでした。何回ものシリーズにわたる公開講座なので,素粒子物理学に興味がある人ばかりというわけではなかったようです。

それでもまあ,多くの人から様々な質問をしてもらったので,多少は満足してもらえたのかな,という希望的観測をしています。いつものように,講演がオフィシャルに終了した後も30分ほど質疑応答でした。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<FPGA講習会終了 | HOME | 本日公開講座>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |