ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

新幹線での移動

昨晩のKEKへの移動では,珍しく新幹線を使いました。

東京・大阪間の移動では,1本待てばほぼ座れるので私はいつも自由席を使うのですが,いつもウンザリすることがあります。空いている席に自分の荷物等を置いて,自分の隣りに人が来ないようにガードしてる人が多くて本当にげんなりします。

新幹線の座席配置は,大阪から東京に向かう場合,山側から2席,通路,3席という配置になっています。3席のほうにきっちりと3人並んで座っている場所が多いにもかかわらず,山側2席の並びに1人しか座ってない場所が結構あります。窓側に座っているのに,自分の荷物を通路側に置き,かつ,その荷物を置いた席の前のテーブルを出してガードしてる人。通路側に座り窓側に自分の荷物を置いてガードする人。こういう人が多くて,悲しくなります。

同じ人数だとしたら,山側に1人海側に3人よりも,山側に2人海側に2人(海側3席の真ん中を空ける)のほうがスペース的になんとなく平等な感じが私はします。というか,それよりも何よりも,席を探してウロウロしてる人がいるのに荷物で席取りをしてる人は死刑にしてもらっても私は構わないと思うのですが,席を探している人の行動も私にとっては不可解なときがあります。私なら山側2席に空いてる席があったら,席取りをしてる荷物の持ち主と思われる人にその席が空いているかどうかをまず尋ねます。私以外にも当然そう尋ねる人はそれなりにいます。が,そういうことをせずに,海側3席の真ん中の空いているところに座る人がかなりいます。上記のように,スペース的には海側の真ん中に座るよりも,山側の通路側あるいは窓側に座ったほうがいいと思うのですが,実は,海側3席の真ん中のほうが楽だと考えている人もいるのですかね。何しろ,前に書いた通り,海側3席の真ん中は他のイスに比べて幅が広いですから。って,そうとは考えにくいし,だからこそ,そういう人の行動を私は不可解に思うわけですが,ホントのところ山側2席のどちらかではなく海側3席の真ん中に座る人は何考えているんでしょうか。

あ,話が膨らんでいまいましたが,あまりに意地の悪い人が多く,それを見るのが嫌なのも新幹線に乗りたくない理由の一つです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<BICEP2やっぱり | HOME | 今週も出張だらけ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |