ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

伝播

「波が,伝播する」と書いて,何と読みますか?

私なら「なみが,でんぱする」と読みます。
というか,それが正しい読み方だと強く信じています。誤用でも,それを多くの人が使っていたら時が経つとそれが正しい用法になるとよく言われるように,「なみが,でんぱんする」と読む人が多いらしいので,そのうち,それが正しい読み方になるのかもしれませんが,20世紀後半に物理を学んだ人間としては,やはり「でんぱ」と読んで欲しいところです。

こんな言葉,物理以外であまり目にしませんよね??なので,物理を勉強してなかったら私も「でんぱん」と読むと思います。ただ,高校のときの物理の先生が波動の説明をする時に,この字の読み方は「でんぱんではなく,でんぱだ」と言っていたことがなぜか強く心に残って,物理の中身を何を教えてもらったか覚えてないのに,「伝播=でんぱ」ということだけはずっと忘れずにここまで生きてきました。

ってなことが今日少しだけ話題になりました。物理屋同士の会話だったからか,一同はみな「伝播=でんぱ」と読むことに違和感はなかったのですが,驚いたのは,誰かが広辞苑で調べたら「でんぱん」という音に対応しているから使われているのか「伝搬」という言葉がありますが,「伝搬」は広辞苑に載っていないのだそうです。私も今研究室に転がっている古い広辞苑で調べると,たしかに「伝搬」という言葉は載っていません。ただ,ウェブで調べると,ウェブ情報だけに嘘かホントか知りませんが「伝搬」という言葉もちゃんと載っています。あ,ちなみにこの読みは当然「でんぱん」です。「伝搬」の立場がこんなに微妙とは知りませんでした。ま,私自身,目にすれば抵抗なく「でんぱん」と読み流しはしますが,自分ではあんまり使った記憶のない単語ではあります。

さらに,ちなみにですが,「でんぱ」と入力して変換を試みると私の計算機では「伝播」と「電波」がでてきて,「でんぱん」と入力すると「伝搬」「伝播」「電波ん」「伝播ん」が候補として上がります。うーむ,「でんぱん=伝播」が候補になるということは,やはり,私が誤用と信じている読み方が勢力を増しているんでしょうか。

先にも書いたように,どっちが正しいとかいうのは時とともに変わるから仕方ないとしても,伝播を「でんぱ」と読むのは私の感覚からするとなかなかのひねくれものな感じがします。自分自身が相当ひねくれものなので,余計に高校のときに,波動が「でんぱ」する,というようなフレーズに魅力を感じて印象に残ったのかもしれません。

さて,みなさん,伝播は「でんぱ」ですよ。

日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<4年生実験近況 | HOME | 初韓国>>

この記事のコメント

伝搬と伝播の物理的な意味のちがいってなんですか?

2014-07-31 Thu 06:39 | URL | ひゃま [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |