ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

初韓国

韓国出身の学生の博士論文の内審査をやるために,韓国の釜山に来ています。通常は,当然大学で審査をするのですが,今回は事情によりその学生が韓国国外に出られないので,特別な措置で審査委員全員が韓国に来て内審査をやりました。結果,めでたく内審査を通過し,来月に公聴会を開くことになりました。ちなみに,その公聴会も,学生と審査委員は全員韓国。しかし公聴会ですから大学にもその様子を見せなければならず(?),Skypeでその様子を繋ぎます。前代未聞の措置ですが,とりあえず内審査を通過することができてよかったです。Lくん,半分だけおめでとう。公聴会に向けて発表の準備と論文の不備修正を全力で頑張ってください。

ところで,韓国に来るのは実は初めてでした。日本から最も近い外国ですが,私はこれまで縁がありませんでした。短い滞在なのでまだよくわかっていませんが,日本と雰囲気が似てるというのが私の第一印象です。それから,実感としてなるほどと思ったのは,地下鉄の駅に番号が付いていることです。最近は日本の地下鉄にも番号が付いていますが,その国の(言語ではなく)文字すら理解していない人にとっては,ホントにありがたいですね。駅の番号,そして駅の出口の番号というように,今回の旅では文字が全く意味をなさないので,その番号だけが頼りでした。逆に考えると,アラビア数字の威力は凄いです。少なくとも私が行ったことのある国全てでアラビア数字は普通に使われていますから。

そんなわけで,1泊2日の短い韓国滞在を終え,これから大阪に戻るべく飛行場に今いるのですが,チェックインカウンターが長蛇の列。フライトスケジュール的にもう少し待つと空くのではないかと思いこのエントリーを書いていると,案の定列がだいぶ短くなりました。ということで,これからチェックインして飛行機に乗ります。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<伝播 | HOME | 国際会議トークリハーサル>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |