ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

池の鯉

先日,なんで庭園の池ではいつも(?)鯉を飼っているのか,という話題にちょっとだけなりました。そのときは私自身あまり食い付かず,何かきっかけはあったのかもしれないけど「そういうもの」になったからだろう,くらいにしか考えていませんでした。

ですが今日突然閃きました。鯉の食欲が凄くて,ボウフラ退治に役立つのではないか,と。あ,いや,こう書くとあまりに唐突ですが,私の中にはその発想に辿り着くいきさつがありました。そんないきさつはどうでもいいし,面倒なので書きませんが,どうでしょう,池の鯉=ボウフラ対策説は?

と思って,ググってみたのですが,今ひとつはっきりしませんでした。鮒をボウフラ対策にするという話はあったのですが,鯉と特定してるサイトは見つかりませんでした。って,最初の1つ,2つを眺めただけなので,探せば見つかるのかもしれませんが,とにかく,池の鯉=ボウフラ対策説を確認するには至りませんでした。

しかし,あまりに唐突な話題でした。自分の中では雷に打たれたように閃いたので,よしっ,これはブログに書かなくちゃと思ったのですが,この感動(?)伝わりましたかね??

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<CP violation 50周年 | HOME | 委員会のためにKEK>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |