ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

委員会のためにKEK

Tくんによる昨日のセミナーはなかなか盛況でした。私たちの研究室ではあまりセミナーというものを開かないのですが,人を呼ぶための旅費を私の研究費から払える範囲で,これからもぼちぼちやっていこうと思っています。

さて今日はKEKに来ています。素核研の将来計画検討委員会というもので,かなりの頻度で行われています。今回はJ-PARCハドロンホール拡張に関する議論の準備として,原子核コミュニティの人に物理の話をしてもらいました。何が面白いと思ってやっているのかはなんとなくわかったのですが,私を含めて素粒子関係者がなかなか理解できないのは,彼らの言う「理解」という概念です。素粒子の場合,ラグランジアンを決めることに尽きるので何を目指すというか,どうなればいいのか非常に明確なのですが,原子核の人たちが最終的に何を知りたいと思ってやっているのかが相当わかりませんでした。私だけでなく,素粒子の委員一同は同じところにひっかかり,噛み合ない議論がかなり続きました。何をわかろうとしているのかがわからまいのですから,なかなかに大変です。

次回は,KOTOとCOMET関連なので,私にとってはだいぶわかりやすくて楽しめそうです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<池の鯉 | HOME | 本日CMBセミナー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |