FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

年末発表会

昨日書いたように、今日は1日中2つの研究室合同での学生の発表会でした。真面目なミーティングではない、というと語弊がありますが、学生が間違ったことを言っても、誤解を受けたとしても、神経を尖らせてそれを一々訂正しなくてもよいので、自分の指導している学生の発表も含め、観客として発表を楽しんでいました。

ミーティングの性質に依るのですが、間違った情報は言えないし、相手に突っ込まれたら必ずそれを打ち返さないとならない(反論を返せないと学術討論の場では負けです)ミーティングもあります。国際会議や学会はもちろんそういうミーティングの一種です。ですが、今日の発表会は学生個人が主人公で、かつ学問的に真理を追究するための会合というわけではないので(少なくとも私はそう捉えています)、学生の訓練と思い、なるべく彼らに好きなように発表してもらい、好きなように質問に受け答えしてもらっています。というのが、前の段落で書いたようにリラックスして発表を楽しめる理由です。

内容もバラエティに富んでおり、とても2つの研究室がやってる研究の幅とは思えませんでした。それから、普段何をやってるのか知らないので、隣の研究室の発表がやはり面白いですね。特に博士課程くらいの学生になると発表もしっかりしており、何をやっているのかよくわかり勉強にもなります。


大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<停電 | HOME | 復活(途中?)>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |