ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

気持ちのよい授業

今朝も気持ちよく授業をやってきました。学部を越えて1年生が物理の先端研究に触れるという趣旨の授業で,1人の教員が2回の講義を担当,教員は7人だったか8人というオムニバス形式です。前回この授業を担当した時に受講している学生のイキがよくて感動したという内容のエントリーを書きましたが,今回もまた質問が多く,受講学生の興味の高さをひしひしと感じ,極めてやり甲斐のある講義でした。

さて,そんな気持ちのよい授業をやることができたのですが,今週は(も?)処理すべき案件が多過ぎで首が回らない状況になっています。今も神戸に出張していますし,来週以降も出張続き,会議続き,打ち合わせ続きで,物理学専攻の担当として処理しなければならず目の上のたんこぶ状態になってる案件が複数というか山ほどあって,考えると暗ーい気持ちになってしまいます。という状況だったので,今朝の授業はまさに一服の清涼剤でした。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<質量分析学会 | HOME | 世界最速の芝刈り機>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |