ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

世界最速の芝刈り機

マニアな人にはだいぶ古いニュースになってしまいますが,ホンダが世界最速の芝刈り機を作ったということがだいぶ前に話題になっていました。時速187.6kmを記録し,ギネス記録になったとか。今日たまたまホンダのサイトを眺めていたら,オフィシャルのページにもちゃんとこれが記事になっていました。って,4月2日のプレスリリースなので,ちょっと前どころか1ヶ月前ですね。。。

その記事を読んでて驚いたのは,0-100km/hのタイムが4秒。ランエボクラスです。というか,考え方(?)としては4輪ではなく,2輪なのですね。実際,エンジンも元々がV2OHVの600ccで20馬力。それをV2DOHCの1000cc109馬力に載せ代えています。完全にスポーツバイクです。こういうスペックを知ってしまうと,インプレッシブさがだいぶ失われてしまいますが,何の役にも立たないアホらしいこの手の企画にはやはり拍手を送りたくなってしまいます。次は,普通の芝刈り機と同様の芝刈りをしながらどれくらいの速度が出るのか勝負して欲しいものです。たとえば,一定面積同じくらいに伸びてる芝生をどれくらいの時間で刈れるとか。それこそキングオブ芝刈り機です。

ちなみに,自動車の0-100km/hってどれくらいなのかの感覚を持っていたのですが,バイクについてはあまりイメージがわかなかったのでググってみたところ,いやー,流石にダッシュは4輪よりも圧倒的に速いのですね。大型スポーツバイクだと2秒台らしいです。凄い。

こんなことをやってるとさらに気になって,F1だとどれくらいかググってみました。この手のタイムって素人がいい加減に測ったモノを自己申告するのであまり信頼度の高いものではありませんが,ホンダの公式サイトにこれまた解説がありました。それによると3.7秒程度だそうです...なんかあまり凄くない,と一瞬思ってしまいましたが続きがありました。0-100km/hは3.7秒だけど,0-200km/hはなんと5.2秒。100km/hに到達した後さらに100km/h加速するには1.5秒しかかからないのだそうです。いやー,驚きです。ホイルスピンしちゃうから最初はあんまりスピード出せないんですね。

ホイルスピンとか考えなかったら,0-100km/hよりも100-200km/hのほうが普通は大変ですから,ホイルスピンしなかったら一体0-100km/hは何秒になるんだろう,っていう話です。つーか,バイクもきっと同じなんでしょうね。ホイルスピンしなければもっと速いんでしょうね。

あ,念のため書いておくと,F1は直線番長になるために作られているわけではないので,0-100km/hみたいな指標で凄さを語ってはいかんということはわかっています。それでもやっぱりその加速性能は半端ではなく,凄さを改めて感じました。減速なんて,アクセルを離しただけでそのエンブレで普通の車のフルブレーキよりも急減速しちゃうそうですし。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<気持ちのよい授業 | HOME | 湯川秀樹が使ってた黒板>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |