ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

AEPSHEP関連など

国際運営委員を務めるAEPSHEPというスクールの参加学生の合否を決めるための会議がこれからあります。予定ではとりあえず,今日5時間半,明後日さらに5時間半。とかなりの長丁場です。スクールが開催されるのは11月ですが,生徒の選考後に旅費等の問題を解決し(というか,主催者側が準備できる旅費補助額には限りがありますので,参加費用を自分の所属研究機関で工面できるかどうかも選考の基準の一つには自動的ん入ってきます),さらにその後でビザ発給の準備をしなければならないので,スクール開催の半年前というのはそれほど余裕のあるスケジュールではありません。そういうわけで,密度が濃く長ーい会議が2日間も行われます。

ただそれでも今回はテレビ会議なのでまだマシです。前回は開催地である福岡で現地の視察を兼ねて生徒の選考会議を行いました。福岡だったからよかったものの,インドに行くとなると私にとってはかなり大事業(?)になります。胃腸がそれほど頑丈ではない私は間違いなく腹をこわすでしょうし,そもそも,インドのように予定通りに物事が進まない国へ行くのはストレスが莫大です。今回も当初はインドのスクール開催地で行う予定だったのですが,インドの人々の常として現地運営委員の準備不足で,選考会議を現地で行うという案は流れました。テレビ会議は効率が悪いので好きではないのですが,今回ばかりは助かりました。

スクールと言えば,来月の春の学校@びわ湖畔の締切も迫っています。関係者への周知をぜひお願いします。申し込み,詳しい内容は,ここを参照してください。

それから今日はもう一つ嬉しいニュースがあります。私たちの研究室で,この3月で修士を終了したKOTO実験をやっていた学生のTYDくんが修士論文賞を受賞しました。って,あれ?オフィシャルにはなってないのかな。まあ,いいや。ともかくそういうわけで,非常におめでたいです。去年のHくんの高エネルギー物理学奨励賞に引き続き,研究室にとっては2年連続の慶事です。TYDくん,おめでとう。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<湯川秀樹が使ってた黒板 | HOME | 授業と講習>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |