ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

自主ゼミ

4月1日付けで着任したポスドクのYくんは,今日CERNに向けて出発しました(出発したはず)。前任者は大阪からCERNへの移動の際に数々の伝説を残していきましたが,今回はそういう伝説を残すことなく,普通に移動できていることを祈っています。

そのYくんはすでに期待通りの活躍をしてくれています。着任したばかりですが,学生達と自主ゼミ,というかATLASでコンピューターを使って解析するための様々な手順や段取り,物理解析の「いろは」を学生を集めて講義してくれたようです。ハードウェアも解析もデキる男ですが,こういう風に学生の先頭に立って引っ張っていってくれる能力まで兼ね備えていて,本当に良い人に来てもらったと再認識しています。特にATLAS大阪グループの場合スタッフが私とポスドクしかいなくて,また私自身はCERNには長期滞在できないので,CERNでポスドクの人が学生を引っ張ってくれることを強く切望していました。現場でJくん,それから数ヶ月後にはCERN滞在になるIくんのよきアドバイザーになってくれそうでホントによかったです。

学生がスタッフに頼らず自主ゼミをやるような雰囲気を研究室全体で作れると,その研究室全体の能力が相乗効果で飛躍的にアップします。Yくんが大阪を離れてもそういう雰囲気を作れるとよいのですが。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新年度 | HOME | 春の学校の宣伝>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |