ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

OIST

沖縄に来ています。目の前には真っ青な海がひろがっています。これからその海へ...

というのは嘘で,あ,いえ,沖縄に来てるのも,目の前にきれいな海があるのも本当ですが,海へ行くというのは嘘で,これから沖縄科学技術大学院大学(OIST)というところへ行きます。オープンキャンパスで講演をするために来たのですが,滞在している場所もOISTがある場所もまさにリゾート地で,なんというか雰囲気の違いに驚いています。

それから驚いたといえば,私は沖縄に来るのは今回で2回目なのですが,前に来た時も今いるホテルに近いところに滞在しました。昨日ホテルへ来る途中,どっかで見たことある街並みだなぁと思ったり,この居酒屋に来たことあるような気がするという店があったりして,よーく考えてみると確かに来たことがありました。大事なことはすぐに忘れてしまうのに,1回しか来たことのない居酒屋を覚えている私の脳味噌の不思議さにも驚きました。処理能力やら記憶能力やらを大事なことに振り分けることってできないものなのですかね。

それはさておき,OISTのオープンキャンパスには5000人もの人が来るというのにも驚きました。東京や大阪みたいな大都市なら全然驚きではありませんが,今いる場所は先にも書いたようにリゾート地で,地元に人の数は非常に少ないです。昨日聞いたところ,OISTのある村の人口は1万人程度だそうで...それなのに5000人ってホントに凄くないですか。CERNの一般公開にも10万人オーダーの人が来ると聞き驚きましたが,今回の5000人もそれを超えるような驚きです。広報の方々が地元の自治体と一緒になって頑張ってるおかげなのだと思いますが,それにしても凄いです。

そんな力の入ったオープンキャンパスですから,私も力が入ります。いや,力を入れるってどこに力を入れればいいのかよくわかりませんが,とにかく参加してくださる方に少しでも素粒子物理の面白さを伝えられればと思っています。USTREAMで講演が流されるそうなので,もし興味のある方はご覧ください。って,宣伝遅過ぎでした。

日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<Bモード偏極 | HOME | 研究上の倫理>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-03-18 Tue 05:28 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |