ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ノイズ続報

ノイズを作るイスに関する続報です。

Hくんが中心となって進めていたノイズ探索は佳境を迎えました。あまりにも面白い話だったので,その話を聞いたY教授も当然一緒になり,昨日はイスで相当遊びました。まずは,イスあるいは電源をグラウンドから浮かせても,つまりDC的な接続を完全に遮断してもノイズが乗ることから,電磁波としてノイズを受け取っていることがわかりました。そこで,Y教授考案(?)のアンテナを(ケーブルをコイル状にしてそれをプローブに繋いだもの)使い電磁波探索をやりました。

つまり結論はいわゆる静電気なのですが,問題はどこで発生しているか,です。イスを分解していき,辿り着いた結論はバネというかサスペンションというか,座面を支えている支柱が上下すると物凄い勢いで静電気を放っていました。静電気を起こしやすそうな服を下敷きのようなもので擦ってもやはりノイズとなる電磁波を作ることはできるのですが,その頻度が大違いで,その問題のイスの場合は一回座面を上下に動かしただけでかなりの確率で物凄いノイズを作ります。晩でグラフかっていうくらいすごい勢いでチャージアップしてました。

と,さっくりと書いていますが,実際にはいい大人2人+HくんとAくんの4人が,カプトンシートでイスを絶縁したり,イスを分解したりとかなりの時間楽しんで上記の結論に到達しました。次の問題は,原因はわかったので,今度はそれをいかに防ぐかです。一番簡単なのはそのイスを排除することですが,次に物理屋的に気になるのはその電磁波を読み出しシステムのどこでピックアップしてるか,です。まあ,目的はイスの排除で達成できるので,本来の研究上は重要ではないのですが,気になるといえば気になる部分です。

いや,しかし,こんなことがあるものなのですね。こんな想像もつかない原因まで到達したHくんたちの粘りに拍手です。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<理科系の作文技術 | HOME | ノイズ源となるイス>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |