ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

年末発表会など

昨日は毎年恒例の,素粒子実験グループ(=2つの研究室)合同の年末発表会でした。2つの研究室双方に在籍する学生数が最近増えているので,タイトスケジュールの発表会でした。自分の研究グループ以外のことだと同じ研究室であっても誰が何をしているのか正確にはわかりません。まして,隣りの研究室で誰が何をやっているかは物理的な距離が近くてもほとんどわかっていません。ですので,学生の発表を聞いてる分にはなかなか楽しめる催しです。

ちなみに,今回の発表会で一番印象に残ったのは,KEKのNさん・Yさんに協力してもらいIくんが中心になって製作したMPPC読み出し用モジュールの人気の高さです。私が指導しているせいもあって私たちの研究室の4年生の卒業研究で使いますし,ファイバートラッカーを作ろうとしているWくんもそのモジュールを使います。それだけでなく,隣りのK研究室の4年生達も使っており,流石に,募集を募ったら全国から30台もの注文があったモジュールだけあるなぁと驚きました。

こんなことを書いていますが,今回の年末発表会は私自身あまり集中して聞くことができませんでした。先々週の週末からから先週一杯出張していて,その出張が内容の濃いものだったので内職をすることが全然できず,雑務が溜まりに溜まって一昨日から今日にかけてはその雑務処理に追われまくっていました。特に,年度末が近づいているので,予算執行に神経を尖らせています。

というわけで,相変わらずバタバタして落ち着きのないここ数日間でした。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<新年 | HOME | まだ東京>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |