ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

「高エネルギー加速器研究機構」に行ってきた

って,私が行ってきたわけではありません。あ,いや,たまにはそういうエントリーを書いてますが,今日は自分が行った話ではなく,そういうタイトルの記事の紹介です。

「高エネルギー加速器研究機構」に行ってきたという記事が東洋経済のサイトに載っています。成毛眞さんがKEKに行き,KEKBやらBelleを取材してきた話なのですが,その記事の中に私の友人が表れます。Belleを紹介している黒メガネの人にこの記事を紹介しろと脅された(?)ので,仕方なく紹介しているというわけです...。嘘です。記事を紹介されたのは本当ですが,脅されたりしてません。というか,そもそもその友人に脅されても全然怖くありませんから。内容が面白いのでぜひご一読ください。KEKの雰囲気や,実験の雰囲気が非常によくわかると思います。

ところで,記事を書いた成毛さんという方は有名な書評サイトのHONZの代表者(?)なのですね。私自身はそれほどの読書家ではないのであまりお世話になったことはないのですが,共著で出版した「ヒッグス粒子の見つけ方」をサイトの中で紹介してもらったことがあるので,実際のところ非常にお世話になっている可能性があります。HONZ高村さんありがとうございます。

思い出したので,ついでに久しぶりの宣伝です。「ヒッグス粒子の見つけ方」よろしくお願いします。お値段高めですが,ブルーバックスより詳しく,しかも数式を使わずに説明しています。帯のコメントが旬のうちにぜひご一読を。

これを書いていてさらに思い出しましたが,今月のパリティに,素粒子理論のKさんとの共著で2頁ほどの記事を書いています。今年度ノーベル物理学賞のミニ解説です。こちらも機会があればご一読ください。

...今日は最初に書こうと思っていた内容から次第に本の宣伝になってしまいました。腹黒い(?)Yさんが乗り移りました。ははは。

研究 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<LHC長期スケジュール微変更 | HOME | KOTOな人々近況>>

この記事のコメント

赤い自転車に乗って颯爽と現れたナカムラです。
成毛眞さんというのは昔調子が良かったころの日本マイクロソフトの社長さんです。
何も知らされてなかったし、見た目がずいぶん変わっていたので全く気づきませんでした。SONYの高いカメラを持っていたのですが、まあ、値段は気にならないでしょうね。
『ITとかネットとかバーチャルなものでちょろく稼ぐ風潮があるのがあまり気に入ってなくて、リアルに物があるところを取材している』というようなことをおっしゃってたのですが、マイクロソフトの元社長からそういう言葉がでるとちょっと重みがあります。
そういう人に向かって色々と講釈をたれてしまって恥ずかしい。
ちなみにBelleのソレノイドをくぐると縁起が良いので、チャンスがあったら是非どうぞ。
2013-12-07 Sat 17:31 | URL | ナカムラ@Belle [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |