ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

難易度の星

ウェブで調べものをしました。植物の育て方を調べたところ,難易度が星で示されています。が,しかし,星が多いほど育てやすいのか育てるのが難しいのか説明してありません。ある程度の知識があって,育てやすい植物,逆に育てるのが難しい植物を知っていれば,それをcalibration sourceとして星の多い方が難しいとか簡単だとか推測することができますが,全く予備知識のない人(=私)にとってはそういう推測の仕方もできません。世間では難易度を星の数で示していたら,数の多さが簡単さと難しさのどちらに対応しているという共通認識が実はあって,それを知らないのは私だけなのでしょうか?

他にも難易度を尺度にとすることってたくさんありますが,一般に星が多いほど難しいのか簡単なのか共通認識が世間ではあるのでしょうか。謎です。。。難度,易度ならば明確ですが,難易度ですよ。文句を言いたいとかではないのですが,そのウェブサイトを作った人にどういう考えでどういう表示をしているのか,その心を是非聞いてみたいというところに私の関心は移ってしまいました...植物のことは忘れて。

昨日は,息子とかみさんの3人で星の多い方が難しいのか簡単なのかで熱い議論になりました。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<KOTOな人々近況 | HOME | 事後処理しかできないシステム>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |