ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

たくさんの目

今週国際会議でATLASのトークをするのですが,ATLASグループの場合,発表前にスライドをグループ内reviewerに提示。コメントをもらい,さらにリハーサルまでやります。私もその手順に従い,先週リハーサルをやったのですが,なんというかメンドクサイと思ったことでも,それなりに得ることもあるんだなぁという感想を持ちました。

正直,こういうのは形式上のことで,鋭いコメントがあったり,厳しい議論がされるわけではありません。それでもこういうことをやらないと,とんでもない発表をしてしまう人間がいるので,形式上のことでもやらないとならないとは思っていました。実際,コメントの多くは役に立つようなものではないのですが,それでもたくさんの目でチェックをしているので,たまには有益なコメントもあるんですね。こういう経験をすると,やっぱりたくさんの目というのは重要なんだなぁ,と再認識します。というか,偉い人はツマラナイと思える(=凡人だと聞き逃す)意見でもちゃんと聞いていて,重要なことを取り入れることができたりするんでしょうね。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<初台湾 | HOME | 集中講義とSAP>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |