ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

親の責任

みのもんたが報道番組を降ろされるのだそうですね。当然(?)彼のファンというわけはありませんが,うーん,40過ぎた(?)いい大人が犯罪を犯したからといって,その親にもまだ責任があるものなのでしょうか。よくある論争のネタに戦争責任はいつの世代まで引き継ぐべきなのか,というのがありますが,それと似てるような似てないような,結局よくわからないのですが,誰かが悪いことをしたとき,その責任は誰まで負わされるべきものなんでしょうね。もちろんその犯罪の兇悪さ,重大さによって変わることなのかもしれませんが,今回のことに関してはちょっと驚きました。

正直,世の中は理不尽だなぁと思ったのですが,世の中よりももっと不思議で理解できないのが大学組織です。最近も,物凄く驚くようなことがありました。って,具体的なことは書けないのでこれ以上はないのですが,団塊の世代から上くらいの人が謳歌した残務処理を現役世代,特に若い世代が理不尽に負わされているという点については,大学組織だけのことではないのかもしれません。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<学内講演会 | HOME | ラザフォード実験準備>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |