ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

Collaboration Meeting 風景

携帯持ってませんし,カメラを持ち歩く習慣もないので,写真を撮るということは極めて珍しいのですが,モロッコへ行ったときは滅多に行かない土地だと思いカメラを持って行きました。そこで今日は写真を2つお見せします。って,どちらもモロッコとは関係なく,Collaboration meeting 関連です。

CB meeting
一枚目は,Collaboration meetingの最後に毎回あるCollaboration Board (CB)という会合の始まる前の様子です。CBではATLASグループのルールを決めるのが目的で,各研究機関の代表者が出席して様々な提案に対する選挙や承認を行います。確か全部で200弱の研究機関があるのですが,今回は130幾つかの研究機関が委任も含めてCBに参加しました。

そのCBでの選挙やら承認事項は毎回たくさんあるので,無線のコントローラーを渡されます。それが以下の写真。
For vote
YあるいはNで承認,選挙の際は候補に対する番号を入力し,その場ですぐに投票数がわかる代物です。このコントローラーを各研究機関の代表者に1個づつ渡さなければなりませんので,それを貰うための行列が1枚目の写真です。どの研究機関が参加してるかをチェックしつつコントローラーを渡すわけです。

毎回あるCBは金曜の午後3時間から4時間くらいかけて行われます。今回は紛糾するようなことがなかったので3時間もかからずに終わった気がしますが,物理の議論と違って各研究機関の指向がぶつかり合う場であり,かつ出席してるのが各研究機関の代表ということですから口数が基本的に多い人ばかりです。なので,ミーティングの中でも議論がヒートアップしやすいのがCB関連の話題なんですね。今回も金曜午後のCB自体は今書いたようにあっさりと終わりましたが,その前日だかにあった下準備のミーティングはかなりの盛り上がり(?)を見せました。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アンダーソンとSSC | HOME | 久々の休日>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |