FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

LHCの破損磁石

2、3日前のエントリーで書いたLHC近況のアップデート、というか、写真の紹介です。

ATLAS日本グループに流れたメールで知ったのですが、CERNのプレスリリースに9月に故障した加速器の写真が掲載されています。そのサイトはここ。写真が3枚と動画が1つあります。写真は左から順番に、一番ダメージの大きかった電磁石(正確には2つの電磁石の接合部)、その台座、そして修理の様子です。クリックすると大きな写真を見ることができます。

左の写真から、2つの電磁石が大きく動いているのがわかります。巨大かつ頑丈な構造物がここまで壊れるとは驚きですね。台座なんて折れてますし。そのサイトの説明を簡単に要約すると…このようにこわれた磁石が53個あり、そのうち28個はすでに地上に搬出され、かつ、予備の最初の2個はすでに搬入されました。交換作業を来年3月末までに終了し、その後、超伝導状態にすべく冷却、電源を入れるテストを終えるのが6月末とスケジュールされています。

数日前のエントリーで書いた通りですが、なんとかスケジュール通りに作業が進行し、故障に対する対策が上手くいくことを願っています。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<私たちのグループでやってること。その4 | HOME | 大移動>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |