ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ヒッグス確定という新聞記事

私の知る限りでは,数日前に毎日新聞に,そして昨日は読売新聞に「ヒッグス粒子確定と研究者チームが発表」という記事がありました。一瞬,なんでこの時期に?と思いました。というのも,その内容は3月のMoriondで発表した結果だし,論文にも数ヶ月前に投稿していたからです。

でもよく考えると,論文に投稿したから終わりと思っているのは投稿した方だけで,他の人にとってはそれが記事になって初めて意味があるんですよね。そうです,投稿した内容が数日前に論文掲載されたのです。結合定数の測定関連と,スピン・パリティの測定について,合計2本がそろってPhysics Letter Bに掲載されました。

あともう一つ,これは勝手に想像してるだけなのですが,ノーベル賞の発表が近いことも影響あるんですかね。物理学賞の発表は今日だったか明日だったか忘れましたが,もうホントにすぐのはずです。順番からしても,ヒッグスのパンチからしても,今年は流石にヒッグス関連の人が最有力候補だと思うのですが,さてどうなるのか楽しみです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ノーベル物理学賞発表の瞬間 | HOME | マラケシュ空港にて>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |