ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

マラケシュ空港にて

[以下は6日(日)に書きました。]
ここから===>

昨日のエントリー通り,朝早い便でツールーズからマラケシュに移動してきました。

ツールーズでは昨日のエントリーに書いた不安が的中。と言ってもタクシーが来なかったのではなく,私の時間の読み違いで,7時過ぎの飛行機に危うく乗り遅れそうでした。というのも,6時には空港のカウンターに着いたのですが,そこには私が今までみたこともなかったような行列があったのです。。いつも利用している伊丹空港くらいの規模だと甘く見ていたのが間違いで,確かに規模は伊丹空港くらい(搭乗者数では伊丹のほうが多いのではないか?)なのに,処理能力が桁違いなのか,本当にとんでもない行列ができていました。1時間から2時間はかかるのではないかという大行列でした。

流石に最初はビビりましたが,少しするときっと大丈夫だろうという確信がわいてきました。あまりにも凄い行列ですから,きっと私のような人間がたくさんいます。フライト時刻が近づけばきっとマラケシュ行きの乗客が別途呼ばれるだろうとたかをくくっていました。そうして並んでいること15分。やはりと言うべきか6時15分くらいにはマラケシュ行きの乗客を優先的に処理し始めました。私よりも早くから列に並んでいる人に申し訳ないと思いつつも,なんとか飛行機に乗れて一安心…したはずでしたが。

フライトは約2時間半ですが,フランスとは時差が1時間あるため,マラケシュ到着は8時半過ぎでした。そして今は15時近いのですがまだ空港にいます。そうです。ここに書けるようなネタができてしまったのです。

空港に8時半過ぎに降り立つもなんだかよくわからない入国審査の仕組みで,あまり込んでいるとも思えないのに40分ほどの行列。そして自分の審査の番になってわかりました,なんで遅いかが。パスポートを電子処理しないで目視で番号やらなんやらを端末に入力しているのです。怪しい人を詳しく調べてるわけでもなんでもないのですが,そりゃー時間かかります。でもまあ,こういうこと(=意味不明にやたら待たされること)は日本以外ではよくありますし,なにしろ今日は私やることがありませんので,いつもよりおおらかな気持ちで行列に並んでいることができました。というか,あまり順調に物事が進むとホテルにあまりに早い時間に着いてしまうのでどうしようかと思ってました。

そんな思いがあって,ちょうどいい時間調整ができたなんていう暢気なことを考えつつ,預けた荷物を拾う場所へ行きます。長い入国審査の後ですから当然のように荷物が山積み。私はわりと早く入国審査を済ませることができたみたいで,ほとんど手つかずのように荷物がコンベアに並んでいました。ところが,無いのです。いくら探しても。遠くから見てもすぐにわかる私のスーツケースがないのです。間違っている可能性にかけて,別のコンベアも全て見ますがやはりありません。いつも学生に言ってるように,預けた荷物が出てこなくても帰りならダメージはありません。むしろ,空港から家に運ぶ手間が省けてラッキーかもくらいに思っています。が,行きになくなると話は別です。

面倒なことになったと思い,紛失係を探しますが,さすがモロッコ。そのオフィスが閉まっています。。どうにもならないので,人が戻ってくるのを待ち,ようやくトラッキングしてもらったところ,ツールーズで飛行機に積まれなかったことが判明。最悪なのは誰かに間違って持っていかれたとか,どこにあるのかわからないというパターンですが,手元にはないとはいえどこにあるのかがわかり一安心。それじゃあ,別の便で届き次第ホテルに送ってもらえるのかと安心したのですが,そうではありません。現金を国外に持ち出させないという決まりがあるくらいなので,関税には厳しいらしく,本人が空港に来て税関を通らないと荷物を持ち出せないというんですね。

いや参りました。私が金持ちなら構いませんが,空港からホテルまでは片道数千円。往復すると1万円はしませんが,5千円以上はかかりそうなのです。ただでさえ出張の日当がぎりぎりで赤字にならないか心配してるところで,この余計な出費は痛い。ということで,荷物搭載予定の便の到着が15時半だということで,空港で時間つぶしをしているというわけです。

退屈でシンドイのですが,今はそれよりもスーツケースが無事15時半の便で到着するか,そればかりが気がかりです。服とサンダル,そして洗面道具くらいしか入れてませんが,無いとなるとそれはそれで面倒ですし,明日(?)また空港に自ら来なくてはなりません。なんとか,無事到着してくれと祈る気持ちでこのエントリーを書いています。

ちなみに,一瞬,私のチェックインが遅かったから荷物が飛行機に搭載されなかったのかとも思ったのですが,冷静になるとどうもそうではなさそうです。というのも,私が荷物を預けてから飛行機が動き出すまでが実際には1時間ほどありましたから,それで荷物が乗り遅れるとは考えにくいです。それに,同じ便で荷物が届かなかった人は私以外にはいなかったみたいですし,そもそもその便に乗った人の中では私のチェックインが特別遅かったわけでもありません。ということは,やはり…日頃の行いでしょうか。ははは。

<===ここまで

ここからは7日(月)に書いてます。

で,結局どうなったかというと,やっぱり手荷物は届きませんでした。。今自分でウェブからトラッキングしてみると,今日の朝9時に到着予定の便に乗ってくるはず,とアップデートされていましたが,さてどうなることか。

ちなみに,ミーティング会場兼宿泊しているホテルは地元では1流ホテルっぽいのですが,ネットワークはやはりかなり貧弱です。部屋には皆無,かつ,使えるのはロビーだけ。しかも遅い。ということで,若干の不便を感じながらのモロッコ生活です。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ヒッグス確定という新聞記事 | HOME | ツールーズ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |