FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

陸の孤島

今日は午後から八王子にある沖セミコンダクター(沖電気の半導体部門だったのですが、今はロームという会社に売却され、沖からは独立しています)という会社に行って来ました。私たちの分野で現在広く使われているシリコン半導体検出器は、センサー部分と信号読み出し用のLSIからなっています。ところが今開発中の検出器ではセンサー部分とLSIが一体型となっています。そのため、検出器を実際に製造するのには、LSIを作れる会社に発注することになります。その発注先が沖セミコンダクターというわけで、今日はその打ち合わせに行って来たというわけです。

と、偉そうに書いていますが、私はこの検出器開発プロジェクトの中心人物ではないので、枯れ木も山のなんとか、というやつでした。真面目なことを書くと、LSIには特別詳しいわけではないので、自分の勉強のつもりで行って来ました。

しかし、ここKEKは本当に陸の孤島ですね。つくばから八王子の高尾までは片道2時間半。乗り換え時間などを含めると3時間ほどかかります。打ち合わせは午後の遅い時間からだったので、夕食すら食べてないのに帰って来たのは22時過ぎ。しかもつくば駅からKEKまではバスがなく、自腹でタクシー(というか、この日帰り出張は私にとっては公用ではないので、全額自腹なのですが。とほほ)。つくば駅・高尾駅間は単に遠いので時間がかかっても仕方ありませんが(ただし、つくばまで来る電車の本数は少なすぎです)、つくば駅からKEKに来る方法はもう少し整備して欲しいものです。

もちろん採算とれないから一般の会社がバスを走らせられないというのはわかるのですが、せめてバスがない時間にKEKでバスを運行するくらいできないのでしょうか。21:30発のそういうバスがあるらしいのですが、今日はそれにも間に合いませんでした。例えば、21時以降、電車の終電までバスを周回で運行するくらいなら、KEKの予算規模だったら誤差みたいな微々たる予算で可能だと思うのですが。

あ、もっといい方法があります。なんとか省みたいにタクシー券をばんばんユーザーに配ってくれたのでもいいですね。しかも居酒屋タクシー。
…ありえない世界ですね。

本当に移動だけで疲れ果てた一日でした。


日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<LHC近況 | HOME | 検出器テストの具体例>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |