ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

早い初動

先週も書いた気がしますが,最近は修士の学生とのゼミが楽しみです。内容が自分の知らないことで興味深いこともありますし,各回を担当する学生がきちんと予習をしてくれるおかげで議論がそこそこ盛り上がるからです。今もそのゼミを終えたところですが,今回も面白かったです。

そのゼミの今日の担当はM1のAくん。KEKに長期滞在中のM2のTくんともども,KEKからの遠隔参加でした。遠隔参加自体は珍しいことではないのですが,この時期のM1が遠隔参加というのはわりと珍しいことです。というのも,研究室の方針(?)で,M1の前期は授業に専念。前期の間はあまり本格的に研究をやらない,というのが例年のパターンです。それゆえ,KEKへの出張というのもM1の前期にはあまりなく,結局,ゼミに遠隔参加というのもあまりありませんでした。

ですが,今年は私は方針を少し変えて,ATLASをやる学生Aくんに対してはM1の前期からかなりアクセルをふかしています。勉強的なことをやってもらうだけでなく,実際に研究開発している検出器の簡単な試験をやってもらったりして,ATLASでの研究をすでに始めてもらっています。

この方針転換が良いことなのかどうかはよくわかりませんが,Aくんは私の提案を積極的に受け入れてくれて,現場でどんどん仕事をしようとしています。今回のKEK出張では,来週予定されているシリコンセンサーの照射試験の準備を手伝いに行っています。一人でKEKに行き(今回が初めてなので,それなりにワクワクして行ったのではないかと思います),KEKのスタッフと他の大学の学生たちと共同作業をしているはずで,その逞しさと積極性は実験屋としていい感じです。あらゆることが初めての経験なので大変だとは思いますが,色々と吸収してきて欲しいです。

なんてことを言ってる間に,来週は別の場所で照射試験ですから,かなり忙しいですね。Aくん,頑張ってください。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日からEPS | HOME | オープンキャンパス色々>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |