ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

DSソフトの故障

私はテレビゲーム(と呼ぶのは違う気もしますが)の類いをあまりやったことがありません。子供の頃と大学生のときに友達と一緒に少しはやりましたが,ハマったというようなことはほとんどありませんでした。まあ,基本,その手のデームからは縁遠い生活を送っていました。

しかし,それなりに熱中したゲームが幾つかあって,というか,逆にそれらのゲーム以外はほとんどやったことがないのですが,初期のドラクエ,2だか3だか4だか忘れましたが,その辺りのドラクエ。それから信長の野望と三国志。これら3つだけは人のを借りたりして結構やりました。なかでも,信長の野望は,私が戦国時代が大好きなこともあって,初期のシリーズ2つくらいはかなりやりこみました。

これらのゲームはいずれも大学生のときにやった話で,それ以来テレビゲームをやる機会というのはほとんどありませんでしたし,自分の周りにゲーム機があったことはありませんでした。ところが,長男がゲームをやる年代になりDSを持っているのをいいことに,しばらく前にDS用の信長の野望を買ってしまいました。予想通り,寝る時間を削る勢いで熱中してしまうわけですが,それほどやりこむ前に問題が発生しました。

ソフトの内容をロードできなくなってしまいました。このトラブルが起きた最初の頃は,カセットの抜き差しを繰り返すとロードできることもあり,接触不良かなくらいに思っていたのですが,しばらくするともう絶対に立ち上がらなくなってしまいました。電極部分を接点復活とばかりに鉛筆で擦ったり掃除したりしましたが,結局ダメ。大人な私は,同じ物をまた買いました。って,財力は大人ですが,頭の中はおもいっきり子供です。ははは。

ちなみに,この問題が起きた後,ソフトが本当に悪いのか,それともうちの子供が持っているDS本体のカセットを収納する部分が悪いのかを確認するために,当然のごとく,長男が持ってる別のソフトは読めるのかどうかまず試しました。これは全く問題ありません。じゃあ,そのソフトというかカセットの電極とDS本体の電極との相性の悪さなのかと思い,長男にこう命じました「友達のAくんとBくんのDSを借りて,このソフトが読めるかどうか試してこい」と。すると,誰のDSでも読めないという結果が得られ,完全にソフトがご臨終なんだと結論づけました。

しかし,DSのソフトってフラッシュメモリーに載ってるんでしょうから,読めたり,読めなくなったりというのは相当に理解できません。なんでだろう,としばらく考え込む日々が続きましたが,新しいソフトが家に来るとそんなことは忘れて,また最初からゲームを楽しみ始めました。

ところが,です。その新しいソフトにも全く同じ問題が発生。やはり最後には全然ロードできなくなりました。頭にきましたが怒りをぶつける先もなく,仕方ないので,ソフトが収められているカセットを壊して中の基板を出してみます。出しただけでは何もわかりませんから,大学に持ってきて,ピクセルの読み出し試験を行っているJくんの横で顕微鏡で各配線が繋がっているかどうかを目視。さらには,テスターを使って,DS本体と接触する電極部分とその行き先であるチップの足の部分との接触等々を測ってみます。が,問題は見つからず,接触不良ではなさそうということがわかるのみ。ゲームができないことではなく,もはや,その問題がなぜ起きるのか,のほうが私の高い関心となってしまいました。

先に書いたように,自分があまりゲームをやった経験がないのでわからないのですが,ゲームに使われているフラッシュメモリーって,思ってる以上に寿命がすごく短いのでしょうか。あるいは,DS版信長の野望にはダメダメメモリーが使われていたのか,いずれにせよ,メモリーそのものが壊れたとしか考えられません。まあ,確かに子供と違って,戦いに行く前にセーブ,優秀な武将が自分の味方になったらセーブ,という具合に小汚い大人な私はしょっちゅう上書きセーブを繰り返していましたから,通常子供が使うよりも桁違いにセーブを繰り返していました。そのせいでメモリーを壊すぐらい上書きを繰り返していたのかもしれません。

ただそれでも,一般的に考えられているメモリーの上書き限度を越えてるとは到底考えらません。よく言われてるのって,数百万とかそういう回数ですよね。実際には,ゲーム中で一回セーブしようとすると,メモリー中の同じ場所に何度も集中してアクセスしてたりするのですかね。謎は深まるばかりです。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<昨日,今日(一昨日,昨日) | HOME | 霧箱に写真乾板>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |