ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

日本語に片仮名使い過ぎ

数日前に研究室のメンバーで昼飯を食べていた時に,片仮名が多過ぎて意味がよくわからない日本語を使っているために精神的苦痛を受けた,という理由でNHKを訴えた人がいるという話題になりました。そういう理由で訴訟を起こす人がいるのに驚く一方で,その人の言い分も私は結構受け入れられます。確かに,別に英語で,というか英語ならいいけど片仮名にした日本語(?)で言わなくてもいいじゃないか,という表現は多々あるように感じます。と言いつつ,自分も色んな片仮名用語を使っているのでエラそうなことは言えないのですが,自分の中で気になる表現というのは幾つかあります。

(ちなみに,上の段落ではメンバーという片仮名を使っていますが,これを日本語に置き換えようと思うと何なんでしょうね。構成員?でしょうか。)

特に私が苦手というか,拒絶反応を起こすのは,英語をそのまま片仮名に直すのではなく,変な省略が定着してしまっている言葉です。すぐに思いつくのが,abstractのことをアブストと言う人がいますが,これが凄く耳障りです。あるいは,ウェブ(インターネット)のことをネットと言う人がいますが,そのネットというのもダメです。蕁麻疹ができそうなくらい気分が悪くなります。

で,こういう話をするとわかるのは,そういう拒絶反応が出るのは私だけではありません。が,ある程度年のいった人ばっかりで,学生さんたちはあまり気にしないというか,物心ついたときからそういう言葉を使っているのですから当然違和感はありません。というわけで,言葉に違和感を覚えてしまうのは自分が年とった証拠なんでしょうね。

もはや片仮名とは何の関係もないのですが,私が嫌いな表現に「〜させていただきます」というのがあります。使ってる本人が丁寧に(?)喋ろうとしているのはわかるのですが,私は,なんておしきせがましいヤツなんだろう,なんて偉そうで高飛車な喋り方なんだ,という風に感じてしまうのです。この話をしたら,一緒にいたEくんが,NHKだかの正しい日本語表現によると,これからすることの許可,了解を得た後にのみ「〜させていただきます」と言うのが正しくて,それ以外では使わない方がよい,ということになってるという知識を披露してくれました。

そう,そうなのです。私が感じてる違和感をNHKは的確に表現してくれてます。これからトークしてもいいですか?と尋ねられたとします。うん,いいよ。と答えたとします。その後に「それではトークさせていただきます」と来れば違和感はないのですが,こちらの都合もおかまいなしに「トークさせていただきます」とか言われると,へりくだってるふりして自分の主張を100%押し付けてくる,という風に感じてしまうんですね。

でも,物凄く多いですよね,あらゆるところで「〜させていただきます」という表現。NHKが何と言うと,まして私がどう感じるかとは無関係に,「〜させていただきます」が正しい(?)日本語になる日が近いのかもしれません。

日常 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<旧友 | HOME | うーんTDC...>>

この記事のコメント

ビジネスの世界に来るともっとひどくて、もう毎日毎日「〜させていただきます」洪水です。いや、アカデミックな世界がどんなもんかよく知らんので、もっとひどいのかどうかはわからんのですけどね。なんとなく。
『「〜させていただきます」と言わさせていただきます』と言いそうなのがゴロゴロいます(「言わさせ」もタイポじゃない)。
やれやれ。
2013-07-09 Tue 10:42 | URL | hanai [ 編集]
会社も大変そうですね。
しかし,いやー,このネタにhanaiさんが食い付いてくるとは
思っていませんでした。
2013-07-09 Tue 18:05 | URL | ExtraDimension [ 編集]
前にTVで聞いた話ですが、芸人の先輩が後輩におごるときに、恩を売る言い方した方が、後で感謝されるらしいです。
逆に無償で与えると、それを暗黙のプレッシャーに感じて逆に恨まれるらしいです。
人間ってややこしいですね
2013-07-10 Wed 03:42 | URL | ひゃま [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |