ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

出張続き

4月から5月にかけてはずーっとタイトスケジュールでした。特に5月の連休空け以降は出張続きで,唯一の休みの日はプライベートでやらなければならない雑務が堪っていたため実質休めず,某Aさんの言葉を借りると,生きているのが不思議なくらいの忙しさでした。ですが,その忙しさも一昨日の月曜までで,今度の週末にはおよそ1ヶ月ぶりに休みを取れそうです。

なんてことを言ってますが,上を見れば上はいくらでもいるもので,ATLAS日本グループの代表を務めるTさんは,去年1年間にCERN出張だけで20回を超えたそうです。21回だか22回って言ってた気がします。「数えてみたら,1ヶ月に2回は行ってなかったんだな」というとんでもない発言をしていました。もちろん出張先はCERNだけではありませんから,一体どんだけ飛び回っているんだよ?という話です。ホントよく生きていられますね。で,恐ろしいことに,そんだけ働いているのに,オフィシャルには出張以外の日は休んでることになってたりするんですよね。出張の日は休日にできないので,所属研究機関で普通に仕事してる日に休んでいることになってたりします。人ごととはいえ,あまりの理不尽さに涙が出ます。

でも逆に,とてつもない給料泥棒が大学とか研究所そして恐らくは多くの学校にいるのも事実です。その不公平さはハンパじゃないと思うのですが,一般の企業だとその辺どうなってるんでしょうね。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ピクセル近況 | HOME | 一般向け講演目白押し>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |