ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

住所を間違える

アマゾンにとある品物を注文したのですが配送予定日を過ぎても届かず,なんでだろうとウェブで追跡したところ,私が記入した住所の不備が原因。力が抜けると同時に,配送はゆうパックらしいのですが,そのサービスの悪さにがっかり。いや,わかってますよ。住所の不備にイチイチ対応できるほどマンパワーないので宛先不明で差出人に送り返すのが当然。住所の入力を間違える私が100%悪いとわかっています。でも,送り先不明のときのためにという理由で注文フォームは電話番号の記入が必須。ゆうパックにもこういうときのために宛先欄には電話番号を書かせています。それなのに,電話による連絡もなくアマゾンに送り返されていました。。

宅急便だとこういうことないと思うんですよね。むしろ何回もしつこいくらいに連絡を取ろうとしてきます。繰り替えいしですが,住所の記入を間違えるなんていう小学生並みのミスをした私が悪いのはその通りです。でも,それでもせっかく電話番号を書いてるのだから連絡とってきて欲しかったです。民間の宅急便との違いを突きつけられました。

ところで,アマゾンのカスタマーサービスに電話を初めてしたのですが,そのプロセスが面白いです。ウェブから自分に電話してくれというリクエストを送るのですが,「いますぐ」「5分以内」というのが選べて,私は興味本位から「5分以内」を選択。すると,画面にあと5分という表示が出て,それが刻一刻と減っていきます。4分,3分,いつになったらかかってくるのかと電話を待ち受けていると「あと1分」という表示が出てから数10秒の後に電話がかかってきました。と同時に,画面は「電話中」の表示に変わります。いやー,凄いですね。余計な手間でしたが,これは面白かったです。

あ,そうそう,結局どうなったかというと,送り先不明でアマゾンに返送された場合は,再配達を試みるのではなく自動的にキャンセルになるんだそうです。発注した商品にも依るのかもしれませんが,とにかく自動的にキャンセルになるので,もう一回注文してくれというのがカスタマーサービスの回答でした。クレジットカードの二重課金が心配ですが,とりあえずもう一回注文してみました。今度は正しい住所を入力して。ははは。

日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<higgs-like bosonじゃなくなりました | HOME | 微粒子による攻撃>>

この記事のコメント

ゆうパック、受け取れなかったとき、最寄りの郵便局に転送してくれたり、勤務先に届けてくれたり、独自のサービスがあって、結構便利ですよ。
ようは、ヤマトや佐川とは違うサービスだということですね。
2013-03-13 Wed 20:04 | URL | Nakamura@Belle [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |