ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

さらにMoriond

ヒッグス以外のセッションのスライドもチラチラと眺めています。って,ダークマター関連のとこしか見てないですが,衝撃的な発表はないですね。

というのも,ちょっと前に新聞記者さんからダークマター発見(?)というような噂が流れてると聞いていましたし,その記者さんとは違う新聞社の記事でも,近々ダークタマーに関する大きな発表があるというような記事を目にしていたので,何かあるのかなぁと思って眺めてみたのですが.....特になにもないです。別の機会にどこかの実験グループが発表しようとしているのでしょうか。あるいは,勇み足報道,噂なのか。

というか,ダークマター探索になると,いつもDAMAのことが気になってしまいます。ダークマターの信号ではないにしても,あれだけ綺麗に季節変動が見えるのですから何かあるはずです。DAMAだから,という理由ではなく,専門家の間では何か共通見解があるんですかね。謎だ。

ダークマターとは関係あるようなないような,いや,でも間接探索という意味で関係のあるAMS02は,頑張ってデータを取っているのですね。最後のスペースシャトルでISSに運ばれて,その後どうなってるんだろうと思っていましたが,ちゃんとデータを収集しているようです。が,しかし,イベントディスプレイを見て思ったのですが,あんなに小さいカロリメータでよく高エネルギーの電子やら光子のエネルギーを測れますね。1TeV電子だか何だかのイベントディスプレイが載ってましたが,カロリメータの中でシャワーが全然収まっていません。実際のenergy depositよりもデカイcorrectionが入っていても不思議ではないくらいのエネルギーの漏れ方です。人工衛星上の検出器では重量に厳しい制限が課されるのでどの検出器でも似たようなものなのかもしれませんが。

以下私信。
Sさん,メールを昨晩送りましたのでご確認ください。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<微粒子による攻撃 | HOME | Moriondでの結果>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |