ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

研究者っぽいこと

ここ数年は,修論と卒業研究が一段落した後,かつ春の学会よりも1週間以上前というこの時期にCERNに出張していましたが,今年は色々な電子基板を設計・製作するために予算をだいぶ注ぎ込んだために,というか正確には幾つかの物品の値段やら作業代金が最後までわからなかったので前もって出張計画を立てることができず,CERN出張はなし。ということで,今週と来週は比較的時間があり,珍しく(?)研究者っぽいことをしています。

物凄く久しぶりにモンテカルロですがデータに触り,解析を始めたばかりの学生がやるようなちょろい解析をしたり,今日は,まだ解析は進んでいなものの面白そうなヒッグスの生成×崩壊のモードがないかを考えたりしていました。データの解析というのは私にとっては本当に趣味みたいなものなので,嫌なことを忘れて楽しむことができます。また,新しい解析テーマを考えるのも非常に楽しく,これまた様々な悩みを忘れられます。

研究者っぽいことだけやって給料がもらえるなら,こんなにオイシイ職業というのは確かに滅多にないでしょうね。って,まあ,私がそういう価値観を持ってるからなのですが。ははは。

研究 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<Moriondでの結果 | HOME | 今週からMoriond>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-03-06 Wed 22:52 | | [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |