ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

本をもらう

今日は,Nさんから彼が最近出版した本をもらいました。朝倉の教科書4冊1セットの著者といえばNさんが誰なのかわかってもらえる方が多いかもしれません。高エネルギー物理業界の重鎮で約10年ほど前に定年退職し,その後は,各種委員会の委員を務めたり,大学の非常勤講師として授業を担当されるかたわら,朝倉の教科書と同等,いえそれを超える大作となる英語の教科書を執筆しておられました。

その第2巻をいただきました。タイトルは"Elementary Particle Physics"。第1巻も同じタイトルで,内容的には1巻は基礎っぽいこと。2巻は電弱とQCDからなる標準模型の説明が詳しく書いてあります。現象論の教科書としても,高エネルギー物理の教科書としても使えるようなもので,かなり詳しい,専門家向けの一冊です。日本語版同様,辞書のようにあらゆる範囲がカバーされており,かつ,今回の英語バージョンでは大切な実験データの解説が日本語版よりもだいぶ追加解説されているようです。

日本語版は,私がよく使う教科書の一つでして,今回の英語版もよく使う一冊になりそうです。

本の執筆で思い出しましたが,私も含めた3人の共著による「ヒッグス粒子の見つけ方」はどうやら重版されるようです。アマゾンその他のウェブ上の書店ではかなり長いこと売り切れ状態だったので,販売ノウハウに疎い私たちはどうなってるんだろうと長いこと思っていたのですが,これまでの売れ行きデータから出版社のほうで重版するという判断に至ったようです。引き続きご贔屓のほどよろしくお願いします。

研究 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<予算を全て使う | HOME | 国費留学生奨学金>>

この記事のコメント

けど高い……
2013-02-28 Thu 13:15 | URL | hanai [ 編集]
> けど高い……

そうなんですよねぇ...
2013-03-04 Mon 10:34 | URL | ExtraDimension [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |