ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

スランプ

ここ最近,スランプ気味です。性格的に終わったことを悔やむということはほとんどありませんし,また幸いなことに,次に処理しなければならないことが山積みされているおかげでクヨクヨするということもほとんどないのですが,何かの拍子に一つ上手くいかなかったことを思い出してしまうと,その連想で上手くいかなかった他のことまで思い出してしまうのには参ります。何か一つだけ結果が伴わなかったのなら,そんなこともあるさと割り切れるのですが,連打を喰らうと自分の頑張り方,進んでいる方向性そのものが間違っているのではないかと疑心暗鬼になってしまいます。

私も含めて多くの職業では好不調ってそれほど明らかではありませんが,スポーツ選手とか私がよく観ている将棋指しとか,好調か不調かがはっきりとわかる職業ってあります。そういう世界で生きてる人は不調というのは明らかなわけで,そういうとき,選手あるいは将棋指しはどういう心持ちでスランプのときを過ごしているんでしょうね。たまたま結果が出ないだけだと割り切り今までの自分のスタイルを押し通していくのか,それとも何かがおかしくなっているはずだと考えて自分のやっていることを総点検するのか,人によって違いはあると思うし,そのときどきで考え方も違うんでしょうが,いずれにせよ悩ましいこと間違いありません。

モノを売る商売をしている人も売り上げという数字が出るので,好不調がはっきりとわかる職業ですね。大企業の場合はどうなっているのか私にはよくわかりませんが,個人経営のような中小企業だと,これまた結果が非常にハッキリとしています。生活もかかっているわけですから,スランプのときの対応は私なんかよりも格段に悩ましいはずです。そう考えると私の悩みなんて小さいものなのかもしれません。

自分のスランプのことなんて書いてどうすると思いましたが,ちょっと筋道立てて書くことを考えてみると,自分の悩みなんて凄く小さいはずだということがわかりました。いやー,いつもこうやって,スランプがあっても問題点をちゃんと反省しないので私には進歩がないのかもしれません。ははは。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2012年度修論発表会 | HOME | 春の学校の宣伝>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |