ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

色々な人と話をする

昨日と今日は,たくさんの人と話をしました。基本的にはみな研究者ですが,専門が違ったり,大学が違ったり,と微妙に自分とは違う環境にいる人々と30分あるいは1時間づつくらい話をしました。今日なんて,午前中に修士の学生とゼミをやり,午後の早い時間はATLAS日本シリコングループのミーティングでHくんの研究内容について熱い議論をした後は,ホントに人との話ばかりでした。

昨日書いた内容と少しかぶるのですが,微妙に違う環境にいる人から色々な話を聞き,意見をもらうのは,凄く刺激的だし,勉強になります。大きくかけ離れた職種の人と話をするのも,昨日のエントリーのようにこれまで考えてもみなかったことを考える機会になって面白いのですが,自分と同じようなことをしていながらちょっとだけ違う状況で研究をしている人との話もまた違った意味で面白いです。考えている対象は同じようなことなのに,自分とは違った角度からものを見て,自分では全く思ってもみなかった発想があり,同じような事を考えているのにこれだけ様々な意見・考え方があるものなのだと,妙に感心します。アイデアがないところでも,諦めなければ捻り出すことができそうな気がしてきて,昨日と今日は自分にとっては有意義な2日間でした。

って,具体的に何を相談議論したのか書けないので,読者の方には意味が通じないかと思います。すみません。でもホント,一つの物事でもかくも多様なものの見方ができるんだということを実感すると,多様性というのは大切なのだなぁと改めて思います。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<算数の問題を見て | HOME | 知らないことが多い>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |