ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ヒッグス解析最近の結果とか

先週は京都で中規模な国際会議があり,そこでATLAS,CMSともにヒッグス探索の幾つかの結果をアップデートしました。ATLASに関してはとある理由により,γγとZZの結果を更新しませんでした。その理由というのはここでは書けませんが,私の感覚ではその判断は感情論に近く,その解析手法を使っていたからには結果を公表するのが科学的な手続きだったと思っています。

その一方で,解析が遅れていたbbとττについては統計を増やした結果を公表しました。自分はbbに興味があるし,うちのポスドクOくんもbbをやっているので,解析内容をかなり詳細にフォローしています。しかし,ここでも今一番の話題はほとんど感情論です。ATLASとCMSの結果の違いの議論がホットなのですが,せっかくCERNに来てるのでミーティングに出てみると,その議論がなんというか,全然建設的じゃなく,感情論に近い議論が延々と続いて辟易しています。

物理学者のミーティングだと論理に基づいた議論ばかりかと思われるかもしれませんが,政治的な理由などによってデキの悪い人がサブグループのリーダーになると,よくこういうくだらない議論に時間が費やされことがあります。物理解析は楽しいのですが,現場で解析してて一番辛いのはそういうたちの悪い人がリーダーになったときです。まあ,極めてよくあることなので驚きはしませんが,現場で踏ん張っているOくんにとっては修行となりそうです。ただ,逆に,そういう環境で研究をするのは非常によい経験ではあります。無茶な議論に揉まれることを,国際感覚を身につけるということだと私は思っているくらいですから。

おっと,解析結果に関してはサブライズはなく,統計が増えたおかげで感度が上がりましたが,標準模型ヒッグスを発見できるほどの感度には達していないので,背景事象だけを仮定したときに比べて若干イベント数が多いかなぁ,という程度で(bbとττ,ATLASとCMSそれぞれ全てを自分の脳内で足しあわせてみました),フェルミオンとの直接的な結合を発見という段階にまではまだ達していません。でも,この分だと,今年収集するデータを全て使い,bbとττ,さらにはATLASとCMSまでもを合計すると,かなりの感度に達しそうです。幸いなことにここ1,2週間は加速器の調子もいいですし。

シャットダウンの年である2013年は,解析手法もより改善しますから,夏の国際会議あたりでの結果が楽しみになります。その前のMoriondでも当然結果を更新しようと頑張っていますが,bbとττの解析結果,特にbbがそこに間に合うかは微妙なところです。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<テレビ会議システムの変更 | HOME | 同じゲートから>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |