ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

実験室の片付け

数ヶ月に一回私はやっているような気がしますが,今日もまた地下実験室の片付けをやりました。修士課程の1年生2人と,学部4年生の2人,そして私の5人で,3時間半ほど頑張りました。

学生さんたちが去年の4年生実験のセットアップとシンチレータなどを片付けている間,私は研究室の占有するスペースの半分の領域をひたすら片付けました。CAMACクレートや,とてつもなく重いケーブルたちと格闘。もう握力はなくなり,腰痛がすでに来ています。重いものの移動には学生さんにも手伝ってもらえばよかったと後悔中。

でもそのおかげで,HくんとJくんがよく作業をしているあたりのスペースは大幅に増加。新たに買ったデシケータも余裕で入れることができました。学生さんたちが片付けた領域も大きなスペースを確保。作業前からは見違えるほどすっきりとしました。Tくんは金属製のフレームを頑張って整理して,今まで危険な置き方をされていたものをかなり修正。目立ちませんが、これも今日の重要な成果です。

作業をしたみなさん,お疲れさまでした。それにしても,うー,体が痛い...。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<運動量測定とエネルギー測定 | HOME | 光子の検出と電磁シャワー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |