FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

箕面

昨日は家族で箕面という近所の観光地へ行って来ました。基本的には滝があるだけ(だと思ってるのですが、他にも何かあるのかもしれません)なのですが、今みたいに紅葉シーズンだと大阪中心部から近いこともあって、とてもにぎわっています(関東地方の人だったら、プチ日光と説明すればわかりやすいかもしれません。ただし本当にプチです)。昨日も、紅葉のベストタイミングには1、2週間早かったですが、それでも物凄い人でした。

先週は研究室旅行で約8キロの山道のハイキング、今週は子供を連れて滝まで6キロ弱の散策、ということで、非常に健康的な生活になっています。まあその分仕事量が減っていますが…。

箕面には野生の猿がいて(これも日光に似てますね)、人が歩いてる横をすり抜け食べ物を狙って来たりするのですが、昨日くらいの物凄い人出だと流石に猿には出会わないかな、と思っていました。ところが滝からの帰り道、私たちが歩いている本当にすぐ横に1頭現れました。私がすぐに気づいたので私たちは猿をよく観察できましたが、他の人たちはなかなか気づかないので教えてあげたいくらいでした。結局、他の人たちが気づいたのは猿が、道の横を流れる渓流をさっそうと渡り始めたときでした。

そういうわけで、野生の猿の名所でもあるのですが、笑ったのは…
うちの子供は非常に活発でその辺の木に登ったり、壁や岩に登ったりと、普段から妻と私から猿のようだと言われています。昨日も道から渓流に降りようと(彼にとっては)崖を懸命に降りていました。すると近くにいた人から「わっ、猿。かと思ったら子供やった。」と言われていました。本当に猿だと思ってビックリしていたようで、それをすまして聞いていた私は大爆笑でした。うちの子供だと教えてあげようかと思いました。しっかし、本当に猿みたいなんですよね。しかも私同様坊主頭なので、幼い子供の坊主頭は余計に猿に見えたんでしょうね。

そうそう、滝へ行く途中に昆虫館があって、そこにも立ち寄りました。メインは数多くの蝶が飼育されている大きな温室です。人間もそこに入れるので、身近で蝶を楽しめます。他にも世界各国の綺麗な蝶やクワガタムシの標本があったり、生きている色んな昆虫を見ることができます。外国のクワガタムシとか、松虫とか、色々楽しめるのですが…ゴキブリがたくさん展示されてるのは驚きでした。日本にいるのから、外国産の超巨大ゴキブリたちの展示まで、とにかくゴキブリの展示の多さに驚きました。でもって、昆虫が展示されているのはガラス張りの部屋で、その部屋の中の水槽に色々な虫が展示されているのですが、ガラス張りの部屋の中にゴキブリホイホイがたくさん置いてあるのを私たちは見逃しませんでした。展示しているゴキブリが逃げるのを防いでるんでしょうかね。

しかし、夢でうなされそうなくらいデカいゴキブリたちでした。外国産は。私は虫は全然苦手ではないのですが(日本にいるゴキブリなんて全く問題ありません。唯一の苦手はカメムシくらい)、それでも衝撃的でしたから、虫の苦手な人はさぞかし…って、そういう人は最初から昆虫館なんて訪れませんね。ははは。


日常 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<先週金曜のエントリーに関連した話 | HOME | 今日の授業>>

この記事のコメント

プチ日光かあ
近くにあるのに
行かないのわ
もったいない・・・
2008-11-17 Mon 14:50 | URL | きゃっ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |