ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

フォー屋が...

CERNに来た時に必ず食事に行く店があります。このブログを長く読んでる方なら覚えてらっしゃるかもしれませんが,とあるフォー屋,じゃなくベトナム料理屋に必ず行きます。ジュネーブは極めて物価が高く,あらゆるものが日本の2倍の値段と思って私は金を使います。レストランは特に高く,気軽に行ける店はそう多くありません。

ところが私がよく行くこの店はジュネーブのレストランの中では比較的安く,かつヨーロッパの濃いぃ食事に飽きた私にとってはオアシス。1週間に1回は最低足を運んでいました。今回もCERN常駐組の大阪グループのメンバーと水曜日にフォーを食べに行ったのですが...

店がないのです。あれ,どこだったかなぁと皆で言いつつ歩いていると,絶対に行き過ぎてるという場所にまで来てしまいます。変だなぁなんて言いつつ道を戻りますが,やはりありません。しばらくうろうろしてようやく見つけたのは,引っ越した(?)らしいという張り紙。建物というか外壁が工事中で,外見からはその面影はなくなっていました。その店だと確定するための唯一の情報は壁に貼ってあったメニューで,ようやくそれを見てその店がなくなったということを確信しました。

そんなわけで,フォーを食べ損ねた私たちは,頭の中が完全にアジア食になっていたので中華の店に入り,フォーは食べられなかったものの,全員が麺類を食べて満足しました。今回の滞在中私にとってはすでに2回目の中華料理。世間では色々ときなくさいですが,中華料理は世界中どこでも手頃で美味しく,貧乏旅行者の見方です。

おっと,話をフォー屋に戻すと,引っ越し先の住所は張り紙から判明してるので,今晩再調査に行くかどうか迷っているところです。これまたいつも行くピザ屋のペペロンチーノも捨て難い。うーむ...。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<そろそろ修論へ向けて | HOME | 共通の敵>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |