FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ATLAS近況

ATLAS実験の状況について最近書いていないので書こうと思うのですが…あんまりネタがないんですよね。

加速器のほうは修理やら調整をしているのでしょうが、LHCみたいに大きな実験だと加速器と実験サイドであまり(ほとんど?)交流がないので、加速器の状況を詳細に追っていくのは実は難しかったりします。って、前も同じようなこと書いたことありますが。

実験サイドはというと、各検出器グループで修理やら細かい調整作業を相変わらず行っていますが、これと言ってネタになるほどのニュースがありません。他の検出器の細かいスケジュールは知りませんが、私の関係あるシリコンストリップ検出器は今月一杯くらいでテストやらデバッギングを一時中止して、12月初めか中頃から2月初旬(?)くらいまでは電源をオフにしてしまうことになりました。さすがヨーロッパ人、長いクリスマスホリデーですね。まあ、実際にはその間もソフトウェアの開発整備は行いますが。

シリコンストリップの電源を再び入れるのは2月中旬くらいを予定しています。3月一杯くらいは各検出器ごとのコミッショニング、4月に検出器全体のコミッショニング、というのが大まかな予定のようです。噂ではビームがLHCに入るのは5月になるらしいので、それを目指したスケジュールに実験サイドもなっています。


研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<今日の授業 | HOME | GPS>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |