ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

恒例の練習会

今週はまるまる午後を2回,研究室の学生の学会発表練習会に費やしました。学会の前の恒例の催しですが,今回は発表する学生が多いので2回に分けてもかなり濃密なスケジュールでした。大幅な修正を必要とする4人(?)は月曜に2回目のリハーサル。できれば2回目は避けたかったのですが,結局約3分の1が再チャレンジということになりました。

この練習会は学会直前ということで毎年2回あります。ほぼ毎回のように学生たちは発表しますから,各人がどれくらい実力をつけているのかを定期的に見ることができる機会となります。その進歩ぶりが人によってばらついているのは当然なのですが,その進歩度合いは,気のせいか,個々の学生が日々どれくらい真剣に地道に努力を続けているかと強く相関があるように見えます。いえ,たぶん気のせいではなくて,努力は人を裏切らないとよく言いますが,どんな道でも頑張れば頑張ったぶんだけ成果を得たり,成長することができるものなのでしょうね。そういう意味では,半年に一回の定期試験のようで,この練習会というのは恐ろしい催しです。

今回私にとってインプレッシブだったのは,Jくんです。前回は初めての学会発表だったこともあり,何度も修正に修正を重ねやっと形になりましたが,今回はいきなりの発表でも本番で通用するくらいのクオリティに仕上がっていて非常に感心しました。この調子で頑張って欲しいものです。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<院試合格者発表 | HOME | オリンピック関連>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |