ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

無農薬有機野菜

梅雨が明けて,暑さがより厳しくなりました。この勢いで暑くなったら電力不足で大変だなぁと思っていたのですが,関西ではもう一つ原発が動き始めて当面の需給逼迫はなくなったみたいでよかったです。計画停電でも,瞬停電でも,家にいる分にはあまりダメージありませんが,仕事をしようと思ったら物凄いダメージです。計算機とネットワークが動かなかったら,ほぼ仕事できませんから。

それはそうと,危険なネタなので今まで触れませんでしたが,今日は軽い原発ネタです。私は推進派でも反対派でもないので(=どっちがいいのか判断できるほど勉強していない)ポイントはそこではありません。原発あるいは化石燃料による発電にも,再生可能エネルギーを使った発電にも,それぞれ長所や短所があります。でもって,どういう発電方法かによってかかるコストも違います。だったら,単位電力あたりの電気料金を発電方法によって変えられたら面白いですよね。火力は1kWあたりいくら,原発だったらいくら,太陽光発電はいくら,風力はいくら...というように値段を分けて,消費者は自分が好きな発電方法で得られた電力を使えたら,噛み合ない議論をするよりも話が単純明快でよくないですか。原発推進派は原発の電力を,反対派はそれ以外を,エコエコ言ってる人は太陽光やら風力を使えば恨みっこ無しでいいと思うんですよね。野菜とかもそうじゃないですか。味がどれくらい違うかはわかりませんが,同じ野菜でも無農薬有機野菜とか高いですよね。それは高いと思って買わない人もいれば,それをよしとして買う人もいるわけで,それと同じようにできたらいいのではないか,と。

はい,もちろん絵空事です。そんなこと技術的にできるわけありませんから。でも,一昨日人と話をしてあまりに面白いアイデアだったので,ネタとして書いてみました。

日常 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<21日の準備 | HOME | ここ数日のこと>>

この記事のコメント

こんにちは。これが普及したら出来るはずですよ。
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201202/12-023/index.html
2012-07-20 Fri 13:44 | URL | ttakahasi [ 編集]
料金もそうですが、事故が起こった時のリスクや影響も、選んだ発電方法でうまく分配できれば、恨みっこなしですね。
2012-07-20 Fri 20:30 | URL | IK [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |