ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

MPPC読み出しボードで遊ぶ

KEK測定器開発室グループとMさん,Hくんらで作ったMPPC読み出し用のボードで,昨日,今日と2日間続けて遊びました。去年から使っていて,Tくん,Hくんと伝承されてきていたのですが,HくんはSVX4読み出しをしているので,ここしばらくは使う人がいませんでした。M1に伝授する前に私自身が使い方を3ヶ月くらい前に教えてもらったのですが,結局自分でやる機会を作れず,今までズルズルとほったらかしになっていました。

でも流石にこれではいかんと一念発起。昨日,M1のIくんを捕まえ,一緒に動かしてみようということになりました。しかし,3ヶ月前に一回教えてもらっただけの私の知識では当然色々な問題が発生。Hくんの助けを借りて,ようやく今日はまともに信号が読めました。タイミング調整やなんかもできるようになったので,これでIくん一人でも研究を進められるはずという状態になりました。次はMPPCにファイバーをつけて,宇宙線,あるいはレーザーで信号を見ようかという話になりました。

大学の授業は前期が終わりに近づいていますので,今がM1の研究の開始時期なんですね。他の大学,他の研究グループは知りませんが,Y研究室では,M1前期は授業に専念。単位を集めてしまい,M1の後期以降は研究に集中しようという体制なので,多くのM1の学生の研究立ち上げが夏休み前後になります。

というわけで,Iくんが研究を一人で始められるような下地作りを始めたというわけです。ATLASグループのもう一人のM1Wくんについても,ぼちぼち研究を立ち上げ始める予定です。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<もう一回21日の宣伝 | HOME | めでたいこと続き>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |