ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

興奮さめず

ヒッグスを探してきた人間としては,興奮が冷めません。
とりあえず,ATLASとCMSの公表した結果が以下で詳しく見られます。

ATLASの結果
CMSの結果

CMSのほうがexpected significanceは高いですが,ATLASはラッキーで,同じくらいのobserved significanceになってます。CMSのγγの質量分布が美しいのには驚きました。しかし,勝負はこれから。発見したのはあくまでヒッグス粒子らしき新粒子であって,ヒッグスボソンかどうかはこれからの実験結果次第です。ゲージ結合と湯川結合の大きさを,いえ,まずは,特定のフェルミオンに対する湯川結合が存在するのかどうか,そこら辺を是非測りたいですね。私たち大阪グループが注力するH→bbがいよいよ重要になってきました。Oくん,頑張ってくれ。

日常 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<夕刊ニコニコニュース | HOME | ヒッグスボソンとみられる粒子を観測>>

この記事のコメント

おめでとうございます。
これからが楽しみです。
2012-07-04 Wed 23:48 | URL | koba [ 編集]
おめでとうございます!
というか、お久しぶりです。
自分が大学院を離れてわずか二年でここまでの状況になるとは…。喜ばしいながら、なにかムズムズします。
例えるなら、前に追っかけてた意中の子から結婚のお知らせが届いたかのような心境…。
いや、めでたい。大変めでたいのです。
2012-07-05 Thu 08:24 | URL | タカギ [ 編集]
お久しぶりです。
本当におめでとうございます。
久野研で3年前博士をとって高校教員になった山田です。
いつもブログ読ませてもらっています。

今日、WEBで見つけた3月のExtraDimensionさんの名大での講演のトラペとATLAS、CMSのwebのプロットなどをみせて、高校3年生の物理の授業でHiggsの話しました。
知識不足でなかなかうまく説明できませんでしたが、いつもと違った活き活きした目をしてる生徒がたくさんいました。やっぱり素粒子物理は人の心を掴む何かがあるんだなと改めて実感しました。

研究から離れた僕にとって、このブログでいろんな話を聞かせてもらえるのは本当にありがたいです。
お忙しいと思いますが、これからもブログ続けてください。
楽しみにしています。
2012-07-05 Thu 21:50 | URL | やまだ [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |