FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

ヒッグスボソンとみられる粒子を観測

今ヒッグス探索最新結果のセミナーの真っ最中ですが,CERNのプレスリリースに記事が載りました。以下がATLAS日本グループによる日本語訳です。

###引用開始###

長年探索してきたヒッグスボゾンとみられる粒子を CERN の実験で観測

ジュネーブ発 2012 年 7 月 4 日、本日のCERNでのセミナーは、メルボルンで開 かれる今年の重要な国際会議ICHEPの序幕となるものであるが、そこで、 ATLAS と CMS の両実験は長年続けてきたヒッグス粒子の探索に関して最新の暫定結 果を発表した。両方の実験ともに質量 125-126GeV 付近に新粒子を観測した。

「私たちは、126GeV 付近の質量領域に、5σ程度の、顕著な新粒子の信号を観測し た。LHC と ATLAS 測定器の非常に優れた性能と、多くの人の多大な労力により、こ のすばらしい結果が出てきた。」ATLAS 実験代表者のファビオラ・ジャネッティ氏 は語る。「しかし、この結果を論文として正式発表するまでにはもう少し時間が必 要である。」

「今日見せる結果はまだ暫定的なものであるが、125GeV 付近に 5σの信号が見えて いるということは画期的だ。これはまさに新粒子である。(スピンが整数の)ボゾ ン(ボーズ粒子)であることがわかるので、これまで発見されたボゾンの中で最も 重いものだ。」CMS の実験代表者のジョー・インカンデラ氏は語る。「これが意味 するものは非常に重要で、だからこそ私たちは非常に念入りに解析と検証を進めな くてはいけない。」

「この結果には興奮を禁じ得ない」CERN の研究担当副所長のセルジオ・ベルトル ッチ氏は続ける。「昨年、私たちは『2012 年にはヒッグス粒子のような粒子を発見 するか、標準理論が言うヒッグス粒子を否定できる』と言った。非常に慎重に進め ないといけないが、私には今や重要な分岐点にいると思われる。この新粒子が観測 されたということで、さらに精密な理解をするための今後の道筋が見えてきた。」

今回セミナーで見せた結果は「暫定的」なものである。2011 年と 2012 年に収集し たデータを基にしているが、2012 年のデータはまだ解析途中にある。今回の解析結 果の最終公表は 7 月末になると考えられる。LHCの両実験がさらにデータを収集 した後に、今年中には今回の観測結果の全体像が見えてくる。

この粒子の性質を精密に測定し、宇宙を理解するうえでどのような役割をはたして いるかを明らかにすることが次のステップである。この粒子の性質は、長年探して きた標準理論最後の未発見粒子、ヒッグスボゾンと一致するのか?あるいはもっと 奇妙な粒子であるのか? 標準理論は、我々自身やや宇宙で実際に見えている物質 を形作っている基本粒子の性質と、その間に働く力を記述する理論である。しかし 我々が観測できる物質は宇宙全体のわずか 4%に満たないと考えられている。ヒッ グス粒子の性質が標準理論の予想と異なることがわかれば、まだ得体のしれない宇 宙の 96%の成分の理解につながる可能性がある。

「自然を理解する上での新たな段階に入った」CERN 所長のロルフ・ホイヤー氏は 語る。「ヒッグスボゾンとみられる粒子の発見は、それの詳細な研究へと続いてい く。たくさんのデータを溜めることで、新粒子の性質をさらに調べることができ、 そこから我々の宇宙の他の謎を解き明かすことができるかもしれない。」

新粒子の特徴をきちんと同定するには、多くのデータと時間が必要だ。しかし、ヒ ッグス粒子がどのような形で現れようとも、物質の基本構造に対する我々の理解は、 今まさに次の段階に進むといえる。

###引用終わり###

素晴らしいっ。

研究 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<興奮さめず | HOME | Tevatronヒッグスの結果>>

この記事のコメント

こういう、理系の聴衆に配慮ある広報はありがたいですね。
新聞などでは、いかにも文系的な表現でごまかされてしまうので、こういう何がわかってなにが議論の対象かが明確な記事はうれしいです。

なにがともあれ、CERNが物理の話題でヒートアップしてきて、喜ばしい限りです。
2012-07-05 Thu 11:09 | URL | koh [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |