ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

夢ナビライブ

夢ナビライブ大学合同案内というのに行ってきました。インテックス大阪という南港にある国際展示場で行われている(た)のですが,いやー,高校生の多さに驚きました。あんなに大量の高校生を目撃したのは,自分が高校生だった時にウルトラクイズの高校生版の高校生クイズの予選に行ったとき以来でしょうか。大学入試というのが大きな産業になっているんだなぁ,と改めて変なポイントに感心しました。

それはともかく,私には未体験の30分での高校生相手のトークは,そこそこ無難にこなせました。分量が多めなのはわかっていたのですが,面白いポイントを削ることなく30分以内に収めるのに難儀して,時間内に終わらせられるか心配していました。ですが,スキップしてもいいと思っていたスライドを1枚スキップしただけでなんとか30分ちょうどにまとめることができ,とりあえず一安心。30分バージョンという引き出しが一つ増えました。

その30分のトークのあとは,別のブースで高校生からの質問を受け付けたのですが,その数の多さと熱心さに驚きました。比べてはいかんのでしょうが,他の講演者には全然質問者がいなかったり,いても1人か2人。時間も5分かせいぜい10分で皆いなくなっているのですが,私のところには10人以上がずーっと残って私を質問攻め。最初はもっと人が多くて,質問する時間がなくて泣く泣く次の講義を聴きに行く高校生もいたくらいでした。結局,彼らから解放されたのは,講演のさらに1時間後。物理の人気,あるいは素粒子物理の人気の凋落を日々心配している教員の一人ですが,他の分野よりも素粒子物理に興味を持ってくれている高校生が多いことがわかってちょっと嬉しい気持ちになりました。

それと,そうやって熱心に質問をしに来る高校生は,こう言っては身も蓋もないのですが賢いんですね。私がそれなりにややこしい概念を説明してもちゃんと理解する子が多いし,彼らの質問も非常に鋭いものが多く,質問に答える私にとって非常に楽しい時間でした。大学説明会(大学の入試課)の片棒を担ぐために土曜日にわざわざ南港まで行くのは面倒だなぁ,とまあ正直思っていたわけですが,熱心な高校生の質問攻めにあうと,そういう気持ちはすっかり吹き飛びました。引き受けるかどうか迷った仕事ですが,やってよかったです。担当のYさん,ありがとうございました。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<本執筆中 | HOME | 実験を終えようとしない学生>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |