ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

先送りでぬか喜び

火曜日午後の実験の授業は13時から18時までという長丁場。しかも,休憩の暇無くちょっとした時間には大量のレポートの採点をこなさなければならず,しかも,理学部からはちと離れた共通教育棟まで歩いて往復する時間も必要,と数々の苦行(?)が重なるために,今私が担当している授業の中では圧倒的に疲れます。しかも,火曜日は,午前中は研究室のミーティング,夕方はその授業が終わった直後からATLAS関連の解析ミーティング,と一日中みっちりのスケジュールなので余計にその授業に疲れを感じます。

ところが,昨日は台風の影響で警報が出たため,大学の午後の授業は全て休講。その授業も休講になりました。その知らせを聞いた私は嬉しくて,研究室の秘書さんやら学生やらに午後は休講だ休講だと触れ回り,小学生ばりに喜んでますねと皆から言われました。さらに,小学生なら授業がなくなればそれはラッキーでしょうが,私たちの大学の低学年教育では休講というのは実質上なくて,結局後で補講をしなければなりません。そうです,担当する授業が減ったわけではなく単に先送りになっただけなのです。もちろんそれはわかっているのですが,それでも目の前の難事が突然無くなる(無くなったように見える)と大喜びしてしまう私って,なんて頭が悪いんだろうって感心しました。

ところで,警報まで出させた台風ですが,私が住んでる辺りにはほとんど影響ありませんでした。むしろ,警報が出る前のほうが雨が強く,警報が出た後は風はまあそれなりにありましたが雨はほとんど降らず,かなり拍子抜けの台風でした。でも,次の台風がもう来てるんですね。今週の土曜日は,大阪南港のインテック大阪という国際展示場(?)で大学案内の一部として高校生相手に講演をするので,少しだけ天気を気にしています。この時期一番嫌なのが蒸し暑いことですが,台風もやっぱり嫌です。土曜日,なんとか爽やかな天気になって欲しいものです。って,それはこの時期無理か。

大学 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<実験を終えようとしない学生 | HOME | SVX4からの信号読み出し>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |