ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

グループ近況

今日は久々にATLAS大阪グループの近況を。

4月からポスドクとして私たちのグループに加わったOくんはゴールデンウィーク明けにCERNに行き,3人の博士課程の学生も徐々に(?)CERNに行き,大阪に残っているのは修士課程の学生と私だけになりました。Oくんは,生活と解析の立ち上げ中。解析が軌道に乗り,私の心の安寧が得られるまでにはまだ1ヶ月くらいはかかるでしょうか。爽やかな外見と,真面目な発言とは裏腹に,かなりのおっちょこちょいぶりを大阪滞在中に発揮したので,CERNでの生活がどうなっているのか少々不安ですが,まあその辺は敢えて聞かずにいます。ネタの報告がないので,ぼちぼちやっているのでしょう。

学生頭のHくんは,解析がだいぶ纏まってきて,D論までもう少し。解析と並行して,D論の章立てなどを考え始めたようです。論文は,いつも学生が思っている以上に書くのに時間がかかるのですが,彼がどれくらいの早さで論文を仕上げてくるのか楽しみなところです。D2のOくんは種々の事情により解析ネタを数ヶ月前に変更。新しい解析テーマで結果を出すべく頑張り中で,先週は新しく加わった解析グループで始めての発表。これからの進展が楽しみです。そして,先月からCERN常駐を始めたEくん。物理解析ではなく,今のところ修士課程のときの研究の延長で,検出器関連の仕事をしています。彼の場合,書類を出し忘れたりすることが非常に多いので,研究の心配の前に生活を大いに心配しています。一切合切の事柄に関するto-doリストを作るよう口を酸っぱくして言ってるのですが,先日もとある手続きを忘れてしまいました。to-doリストに書くことを忘れてしまうのだそうで,そういう場合どうしたらいいのか,アドバイスに悩んでいるところです。

以上がCERN常駐組。大阪に残っている修士課程の学生は,みな検出器関連の研究。M2の学生は,シリコンピクセルやら,SVX4と呼ばれるASICからの信号読み出しに取り組んでいます。M1については,まだ何をするか具体的に決めていなくて,今日ちょうど2人と何をするか相談したところ。相談というよりは,私たちのグループが何をしているのか説明したというのが正しい表現でしょうか。M1の学生にとっては具体的にやってる研究内容が見えてこないので,もうしばらく相談したり,考えてもらったりして,その後で2人が何をするのか決めることになります。

突然思い立って,近況を書きました。で,最後に思いつきましたが,KEKのUさんを招いてFPGAの講習会を7月初めにやります。毎年KEKでやってるやつを,今年はKEK以外でやろうという企画です。実習があるので,器材調達の都合上20人という上限があります。今のところかなりの勢いで申し込みが来ています。先着順ですので,参加を考えている方は早めに申し込むことをお勧めします。って,おもいっきりインサイダー情報ですね。ははは。

研究 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<シリコンセンサー | HOME | OPERAの話>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |