FC2ブログ

ATLAS at Anywhere (旧 ATLAS at Osaka)

車の運転で思うこと

普段あまり車の運転をしませんが,たまに運転するといつも感じることがあります。日本ではなんで暗くなってもヘッドライトを点けない多いんでしょうか。薄暗いどころじゃなく,相当暗くなっても点けてない人多過ぎです。ヘッドライトを点けても点けなくても自分が運転する分には山道でもない限りあんまり関係ありませんが,ヘッドライトの大きな役目って,自分以外に自分の位置を知らせることなわけですよね。車線変更しようとしたときなんかに,斜め後ろにヘッドライトを点けてない車がいると,本当に驚きます。大型車やバイクはその点,ちゃんとしてる人が多いですよね。少し暗くなればライト点けますし,雨なんかで見通しが悪いときもすぐに点けます。アメリカなんかは,ワイパーを動かすときや,高速道路ではヘッドライト点灯が義務づけられてますし,そもそも,ライトを消せない車も結構あります。夕方車を運転するとき,毎回不思議に思います。

それに関連して思うことがもう一つ。日本では,学校近くや住宅街と,人車分離の幹線道路との速度差が凄く小さく感じます。広い幹線道路なのに,比較問題としてのろのろ走ってる車が多いわりに,家の近くの細ーい道をそういう幹線道路と同じようなスピードで走ってる車も多くて,非常に理解に苦しみます。道の広さ,安全度に関わらず一定速度で走ろうとするのはなぜなんでしょうか。おもいっきり偏見ですが,そういう車には白いミニバンが多いのも気になるところです。って,日本で今走ってる車はそもそも白いミニバンが多いんでしょうけど。

さらに関連して思いついたことが一つ。ちょっと前に,朝の登校時に小学生の列に無免許居眠り運転が突っ込んでたくさんの人が亡くなった事故がありましたよね。あのときのニュース報道もまた「この人たち頭大丈夫?」と思わざるを得ない報道合戦でした。加害者を攻めるでもなく,前から危険だと言われていた箇所にバンプなどを設けるして安全確保しなかった警察を攻めるのでもなく,非難の矛先は被害者の遺族の電話番号を加害者側に教えてたことに鋭く向かいました。個人情報うんぬんについては思うことありますが,それはさておくとして,あのときの報道を見ると,マスコミというのは,無免許で,居眠り運転をして,子供を含む多数を轢いてしまうことよりも,電話番号を人にもらすことのほうが遥かに悪だと考えているようです。マスコミのポピュリズムというか,衆愚政治というか,まあ言葉はよくわかりませんが,公務員を悪にしたてる勧善懲悪モデルはここまで露骨かと呆れました。

おっと,車の運転を久しぶりにして感じたことを書いてたら,関係のない(いつもの?)方向に話が向かってしまいました。ははは。

日常 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大学院生向けの授業 | HOME | スクールと研究会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |